#20 2018年始動に向けて -Action Plan 2018-

January 1, 2018

#19 高校生向けに授業をさせて頂きました-FUTURE THINKING 2035-

November 19, 2017

#18 INBOUND LEAGUEオープンしました!-INBOUND LEAGUE Officially opened up at Shinjuku on 20th October-

October 27, 2017

1/7
Please reload

Recent Posts:
Never Miss a Post!

#6 レボサミ開催のご報告-Rainbow Career Summit 2017-

January 22, 2017

  

みなさん、こんにちは。

約2週間ぶりの更新です。

  

今日は、昨日1月21日に主催した『Rainbow Career Summit 2017』のレポートをさせて頂きます。

 

 
Rainbow Career Summit 2017は、私が参画している任意団体Rainbow Careerが20代の若者向けに開催した次世代のキャリアデザインをテーマにしたイベントです。

   

当日は、”自分らしい生き方を見つける”をコンセプトに、大晦日の記事でご紹介した米国のキャリア研究家ドナルド・E・スーパーの”ライフ・キャリア・レインボー”という概念を用いて、ゲストスピーカー7人のパネルディスカッションと、アセスメントを使ったワークショップを行いました。

 
  

ゲストスピーカーには、
 

・学生ライター:中村円香さん

・株式会社TABIPPO共同創業者:前田塁さん
・プロブロガー:藤沢篤さん

・マラソン選手:木下裕美子さん

・旅行会社日本支社代表:武内裕子さん
・Global Wing創業者:釼持駿さん

 
をお招きし、
 
 
ライフ・キャリア・レインボーにおける"Family", "Partner", "Business", "Citizen", "Hobby", "Study", "Child"の7つの時間について、各々の考えや使い方をメインにお話頂きました。

 
 
”Business”と"Hobby"が融合したライフスタイル”ワークライフカオス”を確立された方、働かない”Business”をされている方、理想の"Partner"の見つけ方を発見された方等、皆様とても個性的で魅力的でワクワクするようなキャリアを歩まれていたのが印象的でした。
 
 
 
そして、私もイベント設計者兼ゲストスピーカーとして参加させて頂きました!

 

メインでお話させて頂いた内容は、レインボーキャリアの記事にてお話させて頂いた、会計ファームからの独立とNPO法人SAMURAI MEETUPSの立ち上げの部分になります。

 
  

「想いを事業で体現するためにNPO法人を立ち上げた」と言うと、簡単に立ち上げたかのように聞こえるかもしれませんが、実際に独立する際には、金銭面の不安・予測出来ない未来への不安・家族や上司からの心配等の「壁」を乗り越えるために、決断に多大なエネルギーを要しました。

 
  

その「壁」を乗り越えた方法として、主に以下4点についてお話しさせて頂きました。
 
 
★無限な”金”よりも有限な”時間”の方が価値があるため、お金のために生きるのではなく、今の1分1秒を自分が後悔しない「自分らしい」生き方をすることを決めたこと。
  
★保証として、300万円以上貯金したことで、最低1年間は生きていける財源を確保したこと。
 
★”予測可能なレールに乗る生き方”よりも”予測出来ない未来の中で、描いた未来を実現していく生き方”の方が自身が納得することを認識したこと。
 

★ ”成果”よりも”覚悟”が先に必要になるため、決断のタイミングで100%周りの人を納得させるのは難しく、今後成果を挙げ続けることで証明していく必要があることを理解したこと。

 
 
 
  

また、ワークショップでは、”そもそもやりたいと心から思える様なものが見つからない”という「壁」についても、参加者の方々と意見交換をさせて頂きました。
 
 

私からは、

 
 

★孔子が「五十にして天命を知る」と言っているように、そもそも20代がやりたいことが見つからない、見つかったとしても今後変わっていくのは当たり前であること。

 

★やりたいことを見つけるためには、”原体験”が必要となるため、まずは興味の幅を広げるために、様々な活動に参画して、多くの人や事象に出会う必要があること。
 

★「幸せ」の定義は人それぞれ異なるため、人生には人の数だけ道がある。そのため、”自分がどんな状態が幸せなのか”を吟味し、日々考える必要があり、理想と現実を近づける努力をする必要があること。

 
 

といった内容で、持論をお話させて頂きました。

 

 


 
今回のイベントを通じて、
参加者の皆様に”自分らしく生きる”ための、何かヒントをご提供出来ておりましたら幸いです。
 

 

 


 
 
ちなみに、もし、
 
”2020年のオリンピックに貢献したい”
”国際交流したい・英語能力を伸ばしたい”
”地域創生に興味がある”

 
といった方がいらっしゃいましたら、
上述の”原体験”になるような体験を提供出来るNPO法人を運営していると自負してますので、

ぜひいつでもご連絡下さい!ウエルカムです:)
 
 
 
 

なお、次回のレボサミ第2段は2017年4月を予定しておりますので、
今回ご参加頂くことが出来なかった皆様も、ぜひ次回はふるってご参加下さい!
キャリアについての相談依頼も随時受け付けておりますので、ぜひぜひ!
 
2017.01.22
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

"Parallel Career"とは、仕事・趣味・社会の3点の交わる場所で生きることです。言い換えれば、自分のスキルを自分の好きなことに活かして、他の誰かを笑顔にすることで、社会貢献する新しい生き方です。

 

このブログを通じて、Parallel Careerという新しい概念を、インバウンド会計士という視点でご紹介出来ればと思います。

What is Parallel Career?
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

Koki Miyashita / 宮下 晃樹

Carstay株式会社 代表取締役 / NPO法人SAMURAI MEETUPS 代表理事 / 公認会計士 / 一般社団法人モバイルハウス協会 監事 


1992年3月生まれ。ロシア出身。
大学時代にアメリカへの留学経験を経て、“訪日外国人に忘れられない体験をプレゼントする”、 NPO法人SAMURAI MEETUPSを2014年に創業。外国人と地域を繋ぐ活動を80名のメンバーと共に推進。4年間で延べ1200人の訪日外国人を地域でガイドした経験から、外国人旅行者の車移動の課題と、地域の2次交通の課題を実感。そこで、2019年1月に、“快適な移動と感動体験を創出するプラットフォーム”、Carstay(カーステイ)をリリース。”VANLIFE(バンライフ)”という新しい旅のカタチを提唱する。2019年は自製モバイルハウスを製作予定。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon